熟したプラムや、オレンジの風味 エル ディヴィノ ニーニョ 販売開始!

Our story

いつもの一日が始まる。 コーヒーをテイクアウトする、ランチを食べる、本を読む、友達と会う、 いろんな人やグループが様々な目的に利用する空間、そんな場所がこの堺筋に面した 新しいビルの1階にあれば、という思いでエルマーズグリーンは2009年に北浜でカフェからスタートしました。 北浜は古くは船場と呼ばれた大阪の商業の中心で、都市的に暮らすことがとても似合う街、その街にエルマーズグリーンもやっと溶け込んできたように感じています。

その後、ホームメイドのコンセプトを掘り下げようということで、製パン、製菓、スペシャルティコーヒー豆の焙煎を自分たちで、素材の探求も含めて、手がけるようになりました。 そうした背景もあり、店舗は4つに増えましたが、みなさまと接し、サービスする場所をもっとも大切にすることに変わりはありません。
個々のスタッフ、個々のお店が独自で考えることをモットーにしているので、サービスやメニューは人により、ところにより違いがあります。 「北浜のコーヒーとパークスのコーヒーは違うやん。」 というお客さまの声が問題になることもありますが、逆にそこがいいとこやんと思っていただけるように、個々のお店のスタッフが自信をもって好きだと思うものを提供するスタイルを、これからも続けていきたいと僕は思っています。

お客さまに対しては、清潔でおいしくて、自然で適切なサービスがある、そんなあたり前のことがこだわりを主張する前に優先すべきであると、日々の営みから感じています。 そして、あたり前のことを続けるには、自分たちの中では、好みも含めたこだわりを持つことが必要だということも。

「おいしかった、また来よう」とお客さまに思っていただくことが、私たちの毎日のチャレンジです。これからもお客さまから元気をもらい、お客さまに元気とほっこりをお届けできるよう努めます。
エルマーズグリーン 冨岡 公博