Adolfo F. Boppel / GUATEMALA アドルフォ・エフ・ボッぺル《LIGHT ROAST》

【 EMBANKMENT Coffee 】

    • フレーバー :
  • 蜜りんご・トロピカルフルーツ・ミルクチョコレート・はちみつ
  • 地域 :Barberena, Santa Rosa
  • 品種 :Pacamara
  • 生産処理 :Fully Washed
  • 標高 : 1,100-1,500m
  • 焙煎 Light Roast
  • サイズ :  200g , 500g  
  • 農園:San Francisco la Sierra

 

 農園のあるサンタロッサはグァテマラ南東部に位置するコーヒーの生産地です。 サンフランシスコ ラ・シエラ農園は1987年に誕生した農園で、 その後、ボッペル一家に引き継がれ、現在に至ります。 古くから栽培されている品種を中心に生産してきましたが、 生産性や品質の面から様々な品種の栽培にまで幅を広げ始めています。

 

パカマラ品種は、エルサルバドルの国立コーヒー研究機関が開発した品種で、 同国の在来ブルボン系品種のパカス、ブラジルで大粒品種のマラゴジーペ(ティピカ系)を掛け合わせて作られました。 コーヒーの品種開発では、高い生産性や耐病性が重視される中、 このパカマラ品種は、風味・品質にフォーカスを当てた珍しい交配品種で、エルサルバドルではもちろん、 近隣のグアテマラ、ホンジュラス、ニカラグアなどで多くのスペシャルティコーヒー生産者に採用され、 COEなど、国際的な賞でも数多く賞を受けています。

 

パカマラ特有の南国感のあるトロピカルフルーツのニュアンス。 蜜の詰まった林檎のような甘さを感じます。 グァテマラのテロワールからくる上品なチョコレートのような余韻に はちみつのようなとろみの伴った甘さが続く素晴らしいコーヒーです。 
 

※粉をご希望の方は、下のチェックボックスにチェックを入れてください。
品質上、豆の状態で購入されることをオススメします


Customer review

まだレビューはありません レビューを書く


関連商品