¥5,000以上のご購入で送料無料

【New!】Gathaithi / KENYA ガタイシ - Washed -

 

 

口の中は果実感と甘やかさでいっぱい。

 

今年もケニアのニュークロップが届きました!

 ケニアのコーヒーと言えば溢れる果実感を想像する方も多いかと思いますが 、

今回のケニアはふくよかな甘さが特徴的です。

 口に含むとライムのようなシトラス感もありますがプルーンやカシスなどの重ための甘さがある黒い果実感を感じます。

次第にきび糖や粗製糖のようなややミネラルを含んだような甘さが鼻口いっぱいに広がる素晴らしいコーヒーです。

 ガタイシ生産者組合は2000年に生産者組合として認可された組合です。

組合の運営する唯一のファク トリーであるガタイシコーヒーファクトリーには、現在1656名の農家が加盟しています。

 有機物の多く含まれた赤く火山質の土壌を持つコーヒーの収量に恵まれた地域です。 この地域では収穫期が年に2 度あり、

年間収量の 30%を4月から6月、70%を9 月末から1 月中旬にかけて収穫されています。

 収穫期になると、コーヒー農家が収穫し、一つひとつ手で選別した完熟のコー ヒーチェリーが、その日のうちにファクトリーへと運ばれ精製されます。

 

 This year's new crop from Kenya has arrived! Many people think of Kenyan coffee as being full of fruit, but this Kenyan coffee is characterized by its rich sweetness.

In the mouth, it has a citrus taste like lime, but also a dark fruity taste with a heavy sweetness from prunes and black currants. Gradually, a slightly mineral-like sweetness like cane sugar or raw sugar fills the nose and mouth, making this a wonderful coffee.

The Gathaithi Producers Association was authorized as a producers association in 2000.

 The Gathaithi Coffee Factory, the only factory operated by the association, currently has 1,656 farmers as members.

 This region is blessed with a high yield of coffee, with red volcanic soil containing a lot of organic matter.

There are two harvest seasons in this region, with 30% of the annual yield being harvested from April to June and 70% being harvested from the end of September to mid-January.

During the harvest season, coffee farmers harvest the coffee, select the fully ripe coffee cherries by hand, and then transport them to the factory on the same day for processing.

 

 

  • フレーバー : カランツ・シトラス・ブラックティー・きび糖
  • 生産エリア : Nyeri
  • 品種 : Ruiru11, SL28, SL34, Batian
  • 生産処理 : Washed
  • 標高 :1,720m
  • 農協 : GATHAITHI FARMERS COOP SOCIET
  • 焙煎 : Light Roast

by EMBANKMENT Coffee 

 

※粉をご希望の方は、下のチェックボックスにチェックを入れてください。
品質上、豆の状態で購入されることをオススメします




関連商品