Kayokamino / ETHIOPIA カヨカミノ

酸が特徴的なエチオピア、というよりは甘さが特徴的なこのカヨカミノ。

ピーチティーのような甘さと紅茶感に、少しオレンジやチェリーのようなストーンフルーツ系の風味。 フォレストコーヒーらしい、ややペッパーのような野性味あるスパイス感も感じます。 後味にはキャラメルのような余韻を感じる素晴らしいコーヒーです。

 

2018年、モプラコ社はエチオピア西部シェカ県にある150ヘクタールのコーヒー農園を購入します。 輸出業者であるモプラコ社では初めての直営コーヒー農園です。

エチオピア西部の地域は主にフォレストコーヒーやセミフォレストコーヒー (森の中にコーヒーが自生、または植えられて、地域の人々が収穫する)の産地です。 一般的にフォレストコーヒーの評価は芳しくありませんが、プロデューサーのエレアナさんによると、 その原因は土地や環境ではなく、「落ちた実や未熟の実をまぜてしまう問題でフォレストコーヒー本来のポテ ンシャルを発揮できていない」とのこと。 しかし、元々はコーヒーの木が自生する環境でもあり、エチオピア西部はコーヒー発祥の地とも言われています。 「この農園で、きちんとした収穫・収穫後の処理を行って、本物のフォレストコーヒーを作りたい」 エレアナさんが世界の各生産国で学んだ技術がこの農園では、栽培から輸出までのすべてのプロセスに 活かされています。

 

  • フレーバー: ダージリンティ・チェリー・バニラ・キャラメル
  • 生産 : Macha, Sheka
  • 品種 : 74110 , 7454 , 74112
  • 生産処理 : Washed
  • 標高 : 1,900-2,050m
  • 生産農園 : Heleanna Georgalis
  • 焙煎 : Light Roast
  • by EMBANKMENT Coffee 

     

    ※粉をご希望の方は、下のチェックボックスにチェックを入れてください。
    品質上、豆の状態で購入されることをオススメします




    関連商品