【NEW OPEN!!】EMBANKMENT Coffeeを立ち上げました!!

【NEW OPEN!!】EMBANKMENT Coffee

by Keijiro Nomura 10月 24日, 2017年

【NEW OPEN!!】EMBANKMENT Coffee

2017年10月11日、大阪、北浜オフィス街の一角に【EMBANKMENT Coffee】がオープンしました。
この聞き慣れない『エンバンクメント』とは、土手、堤防、という意味があり、歴史ある建造物も多く残るここ北浜の土佐堀川沿い、証券取引所の向いに位置するこの場所に似合うブランド名です。

 Elmers Green Café が北浜にオープンして、早いもので丸8年が過ぎました。 この間にも、この静かなエリアが好きで移り住んだ方達や、素敵なお店も増えました。 これからも梅田エリアへの集積は進むかもしれませんが、成熟した人たちが街歩きのできる街として、遠くからも訪れていただけるようこの北浜エリアの魅力をスタッフとともに伝えていきたいと思っています。
そんな北浜の地で、たくさんの人たちにもっともっと美味しいコーヒーを日常的に楽しんでもらいたい、と Elmers Green の焙煎部門がスペシャルティコーヒーの専門店を始めます。農園ごとに異なる豆のおいしさを最大限に引き出す焙煎(ライトロースト)、抽出(フィルター・エスプレッソ)でシングルオリジンのスペシャルティコーヒーを提供。高い専門性と Elmers Green のホスピタリティを融合させたコーヒーショップを目指します。

シングルオリジンのライトロースト(浅煎り)専門ブランドを【EMBANKMENT Coffee】、従来通りのブレンドやダークロースト(深煎り)中心を【ELMERS GREEN】として。この2つのブランドで大阪から美味しいコーヒーを発信してまいります。

最後にこの【EMBANKMENT Coffee】の発起人、ロースターの青野からのメッセージです。それでは今後ともよろしくお願い致します。

ーーーーーーーーーーーー

ロースター青野の想い
 

サンフランシスコでもメルボルンでも、ビジネス街にあるコーヒーショップでは、近くで働くと思われるオフィスワーカーたちがコーヒー片手に会話を交わし、次々にやって来てはさっそうと去っていく姿を目にした。
缶コーヒーもなければコンビニコーヒーもないからなのか、コーヒーショップは忙しく活気のある場所だ。



そんな風に使われるコーヒーショップは日本、いやここ大阪では難しいのかと、エルマーズグリーンのロースターとして働きながらいつもモヤモヤしていた。
日本には日本らしいコーヒーショップの形があるのは理解できるし、単に外国風なコーヒーショップがいいとは思ってはいない。
ただ素材であるコーヒー豆の美味しさをシンプルに伝えるという点では、日本はまだまだ遅れているとぼくは思っている。
商売のことを考えると、お客さんがコーヒーらしい味と思えるところから外れたコーヒーを出すことは難しいからだ。

取り扱う豆はトレーサビリティ(どこの誰が生産して精製して日本にやってきたか)がしっかりしたスペシャルティコーヒーのみ、生産者の苦労と想いが詰まった風味豊かな農産物を、最も美味しい一杯にして提供するのがEMBANKMENTのロースターとバリスタの仕事だ。
深煎りか浅煎りかみたいな議論がされるけど、要はこの豆の良さを最も正確に引き出す焙煎レシピはどれか?というシンプルな課題である。

完熟した豆を収穫し、丁寧に生産処理を施し新鮮な状態で日本まで運ばれてきた豆を贅沢にも使用するからには、豆が本来もつ自然な風味、まろやかな甘み、みずみずしい酸味、綺麗な口当たり、をバランスよく引き出したい。そのために、ロースターは自身が美味しいと信じる方法で焙煎したいのだ。

それで結局何を言いたいかというと、「EMBANKMENTではライトロースト(浅煎り)のコーヒーしか出しません」という決意表明。
おそらくライトローストだけのコーヒーショップは大阪初かもしれませんが、まずは店舗のバリスタに気軽に質問してみてください。色々な味を試して新しい味覚を見つけてください。それでもやっぱり違うなと思われたら仕方ありません、味の好みは人それぞれ。自分の味の好みを他人に押し付けないと言いながらも、それでも自分の味に賛同してもらえたら最高にうれしくて、それだからロースターはやめられない。

EMBANKMENT Coffee ロースター
青野 啓資

ーーーーーーーーー 

EMBANKMENT  Coffee

〒541-0041 大阪市中央区北浜1丁目1-23  1F
TEL : 080-4340-1701

月 − 金   11:00 - 19:00
土日祝    8:00 - 18:00

facebook

Instagram

online shop





Keijiro Nomura
Keijiro Nomura

Author